新感覚携帯連絡網システム 携帯メールでアンケート・パソコンで管理 携帯連絡網メルコン

携帯メールで連絡網 メルコン
オープニングキャンペーン
お申し込みいただいた方に
1ヶ月無料で体験していただけます!





携帯サイト メルコン

 

開発元
株式会社エムツーアイ
有限会社オーディエス
■有限会社ジーエスケー

 

利用規約・禁止事項について

第1章 総則
■ 第1条(利用規約)
■ 第2条(本規約の範囲)
■ 第3条(本規約の変更)
■ 第4条(株式会社エムツーアイからの通知)
第2章 契約者
■ 第5条(契約者)
■ 第6条(契約の承認)
■ 第7条(契約の不承認及び承認の取消)
第3章 アカウント及びパスワードの管理等
■ 第8条(アカウント及びパスワードの管理責任)
■ 第9条(アカウントの一時利用停止等)
第4章 提供するサービス
■ 第10条(サービスの内容)
■ 第11条(サービス内容の追加)
■ 第12条(サービスの削除・停止・変更)
■ 第13条(ホームページ等の登録文書等の削除)
第5章 利用料金等
■ 第14条(利用料金)
■ 第15条(最低契約期間)
■ 第16条(決済手段)
■ 第17条(決済)
■ 第18条(延滞利息)
第6章 使用条件等
■ 第19条(サービス内容の変更)
■ 第20条(サービス内容の無保証)
■ 第21条(サービスの一時的な中断)
■ 第22条(自己責任の原則)
■ 第23条(変更の届出)
■ 第24条(情報の管理)
■ 第25条(譲渡禁止)
■ 第26条(除名処分等)
■ 第27条(解約)
■ 第28条(サービス提供の中止)
第7章 雑則
■ 第20条(準拠法)
■ 第30条(紛争の解決)

第1章 総則
第1条(利用規約)
1. 株式会社エムツーアイは、株式会社エムツーアイメルコンサービス利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、本規約に基づき契約を締結した契約者(以下、「契約者」といいます。)に対して、メルコンサービス(以下、「本サービス」といいます。)を提供します。
2. 本規約は、株式会社エムツーアイが提供する本サービス、また今後株式会社エムツーアイが本サービスに付随して提供するインターネット業及びそれに付随する全ての業務に適用します。
第2条(本規約の範囲)
1. 本規約は、株式会社エムツーアイが提供する本サービス、また今後株式会社エムツーアイが本サービスに付随して提供するインターネット業及びそれに付随する全ての業務に適用するものとし、株式会社エムツーアイがオンラインを通じ随時契約者に対して発表する諸規定は本規約の一部を構成するものとし、契約者はこれを承諾します。
第3条(本規約の変更)
1. 株式会社エムツーアイは本規約を変更することがあります。この場合には、料金その他の提供条件は、変更後の本規約によります。
2. 株式会社エムツーアイは契約者の了承を得ることなく本規約を1ヶ月以上前に電子メールにより契約者に通知することで随時変更することができるものとし、この通知が到達しない場合であっても、変更後の本規約が適用されるものとします。
3. 株式会社エムツーアイはこの内容を契約者に通知する事により、本規約の改訂をすることができるものとし、契約者はこれを承諾します。
第4条(株式会社エムツーアイからの通知)
1. 前条の場合の他、株式会社エムツーアイが必要と判断した場合、株式会社エムツーアイは契約者に対し随時必要な事項を通知します。
2. 前項通知の内容は、電子メールにより契約者に通知した時点で契約者は了承したものとみなします。
第2章 契約者
第5条(契約者)
1. 契約者とは、第一条第一項に定めた者をいい、株式会社エムツーアイがこれを了承したものとします。
2. 契約者は本サービス申込み、初回費用の入金時点で本規約の内容を全て承諾しているものとみなします。
第6条(契約の承認)
1. 本サービスの利用申込みは、株式会社エムツーアイ所定の契約方式を利用し、株式会社エムツーアイに提出するものとします。
2. 株式会社エムツーアイは、利用申込みを審査し、初回入金先のご連絡及びカード決済などをもって、これを審査承諾したものとします。
3. 利用申込みに係る本サ−ビスの提供は、利用申込みを受け付けた順とします。ただし、株式会社エムツーアイは必要と認めるときは、その順序を変更することがあります。
第7条(契約の不承認及び承認の取消)
1. 株式会社エムツーアイは前条審査の結果、利用申込をした者が以下の何れかの項目に該当することが判明した場合、その者の申込みを承認しないことがあります。
(1) 利用申込みをした者が実在しないこと
(2) 利用申込みをした時点で規約違反等により本サービス及び株式会社エムツーアイの全てのサービスの資格の停止処分中であり又は過去に規約違反等で株式会社エムツーアイより一度でも利用解除の処分等を受けたことがあること。
(3) 利用申込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあったこと
(4) 利用申込みをした時点で過去に株式会社エムツーアイへの支払を怠ったことがあること
(5) その他株式会社エムツーアイが契約することを不適当と判断した場合
2. 株式会社エムツーアイは承認しなかった理由について契約者または入会申込をした者へその理由を明らかにしないことがあります。
3. 株式会社エムツーアイは承認後であっても承認した契約者が前項の何れかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。
4. 本条により株式会社エムツーアイが利用申込みの不承認又は承認の取消を決定するまでの間に当該利用申込をした者が入金した全ての金銭の返金は、利用済の可否にかかわらず一切できないものとします。

第3章 アカウント及びパスワードの管理等
第8条(アカウント及びパスワードの管理責任)
1. 契約者は、株式会社エムツーアイサービス利用の為の使用する任意および無造作に登録した名称あるいは番号(以下アカウントといいます)及びこれに対応するパスワードの使用及び管理について一切の責任を持つものとします。
2. 株式会社エムツーアイは、契約者のアカウント及びこれに対応するパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該契約者が被る損害については、当該契約者の故意過失の有無に拘わらず一切の責任をも負いません。契約者は自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに株式会社エムツーアイに申し出るものとし、株式会社エムツーアイの全ての指示に従うものとします。また、当該アカウント及びこれに対応するパスワードによりなされた利用は当該契約者によりなされたものとみなし、当該契約者は利用料その他の債務の一切を負担するものとします。
第9条(アカウントの一時利用停止等)
1. 株式会社エムツーアイはアカウントが不正に使用されたか、あるいはその可能性が高いと判断したときは、当該アカウントを使用停止とすることがあり、契約者は予めその旨を承諾します。
2. 前項の場合の他、全ての場合において株式会社エムツーアイが、緊急性が高くアカウントの一時停止を必要と認めた場合には当該契約者の了承を得ることなく当該アカウントを使用停止とすることがあり、契約者は予めその旨を承諾します。
3. 株式会社エムツーアイが前二項の措置をとったことで当該契約者又は他の第三者がサービスを使用出来ずこれにより損害が発生したとしても、株式会社エムツーアイはいかなる責任も負いません。
第4章 提供するサービス
第10条(サービスの内容)
本サービスの提供内容及びオプションサービスは別途掲示します。契約者は株式会社エムツーアイが提供しているオプションサービス等のうち、別途、申請することにより利用することができます。
第11条(サービス内容の追加)
株式会社エムツーアイは、契約者に事前に連絡する事無く、随時、本サービスのオプションサービスを追加することがあり、契約者はこれに同意するものとします。
第12条(サービスの削除・停止・変更)
1. 株式会社エムツーアイは、契約者が電子メールを第22条第2項各号の何れかに該当する目的あるいは不特定多数または特定の電子メールアドレスに対して常識を超えた数の電子メールを発信した場合、若しくはその恐れがあると判断した場合、あるいはその他の理由でその利用が不適当と判断する場合、当該契約者に事前に通知することなく電子メールアドレスまたはアカウントの一部もしくは全てを削除することがあります。
2. 株式会社エムツーアイは、契約者が第22条第2項各号の何れかに該当する目的にかかわらず、本サービスを不正に利用、もしくは本サービスの一時停止に追い込まれる高負荷を与える場合、与える恐れのある場合など、その内容にかかわらず、当該契約者に事前に通知することなく、株式会社エムツーアイの意思を持って当該内容、もしくは一部及び全てのサービスの一時利用停止や削除、変更を出来るものとします。
3. 契約者の本サービスの利用状況に応じ、ご利用になっているサービス品目の変更を要請することがあります。利用者は、当社の同要請を正当な理由なく拒絶することはできないものとします。
4. 株式会社エムツーアイは、業務の都合によりやむを得ず特定のサービス内容を廃止することがあります。その際、廃止する1か月前までに通知を行うものとします。
5. 株式会社エムツーアイが前四項の措置をとったことで当該契約者又は他の第三者がサービスを使用出来ずこれにより損害が発生したとしても、株式会社エムツーアイはいかなる責任も負いません。

第13条(ホームページ等の登録文書等の削除)
1. 株式会社エムツーアイは、契約者が本サービスで提供するホームページ及び、本サービス内で登録した文書等の内容が、第22条第2項各号の何れかに該当し若しくはその恐れがあると判断し、あるいはその他の理由で不適当と判断する場合、もしくは本サービスの一時停止に追い込まれる高負荷を与える場合、与える恐れのある場合など、その内容にかかわらず、当該契約者に事前に通知することなく、株式会社エムツーアイの意思を持って当該内容、もしくは一部及び全てのサービスの一時利用停止や削除、変更を出来るものとします。
2. 株式会社エムツーアイが前項の措置をとったことで当該契約者がサービスを使用出来ずこれにより損害が発生したとしても、株式会社エムツーアイはいかなる責任も負いません。
3. 上記2項のほか、以下に該当する内容などを当該契約者に事前に通知することなく、株式会社エムツーアイの意思を持って当該内容、もしくは一部及び全てのサービスの一時利用停止や削除、変更を出来るものとします。
(1) 書き込み及び掲載内容等が禁止行為に該当すると株式会社エムツーアイが判断した場合
(2) 書き込み及び掲載後一定期間を経過した場合
(3) 契約者割り当てディスク容量を超えた場合
(4) 不正なCGIやSSIなどが配置された場合
(5) その他、株式会社エムツーアイが不適当であると判断した全ての場合
第5章 利用料金等
第14条(利用料金)
1. 本サービスの初期費用、各種利用料金、オプション料金などのほか、月額換算日などの算定方法等は、株式会社エムツーアイが別途定めるとおりとします。
2. 株式会社エムツーアイは契約者の了承を得ることなく前項の料金1ヶ月以上前に電子メールにより契約者に通知することで随時変更することができるものとし、この通知が到達しない場合であっても、変更後の料金が適用されるものとします。また、契約者はこれを承諾します。
第15条(最低契約期間)
1. 本サービスの利用に関する契約の最低契約期間はご契約月数(1ヶ月・1年)とし、その起算日は利用が開始できることを株式会社エムツーアイが契約者に別途通知した契約日又は契約自動延長に伴う契約継続日とします。
2. 前項最低契約期間中に解約を申し出ても、法律に別段の定めがある場合を除いて契約者が支払い済みの利用料金等を株式会社エムツーアイは一切返還しないものとします。
第16条(決済手段)
会員は利用料その他の債務を各会員に株式会社エムツーアイが承認した以下の何れかの方法で履行するものとします。
(1) 各種指定口座への振込等による入金
(2) 会員の各種指定口座からの自動引落による決済
(3) その他株式会社エムツーアイが特別に定める方法による支払
第17条(決済)
1. 株式会社エムツーアイは利用料金を別途定める物と致します。
2. 株式会社エムツーアイは利用料金以外の請求が生じた場合、随時契約者に請求するものとします。
3. 株式会社エムツーアイは前項に基づき算出された金額を、契約者に請求するものとします。
4. 契約者は各自の決済手段により、株式会社エムツーアイの指定する支払条件で別途定める支払条件に従い、支払を行うものとします。
5. 契約者と集金に関する金融機関との間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、株式会社エムツーアイは一切の責任を負わないものとします。
6. 決済に関する全ての手数料等の諸費用全ては、契約者が負担するものとし、これに関する金額を、契約者に請求できるものとします。
第18条(延滞利息)
1. 契約者が利用料その他の債務を支払期日が過ぎてもなお履行しない場合、契約者は支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金その他の債務と一括して、契約者が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
2. 契約者が利用料その他の債務を不当に免れようとしたと株式会社エムツーアイが判断した場合、その免れようとした金額の2倍に相当する金額を延滞損害金として契約者に請求することがあります。
3. 前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て当該契約者の負担とします。

第6章 使用条件等
第19条(サービス内容の変更)
株式会社エムツーアイは、本サービスの契約者への事前の通知なくして本サービスの全てのサービス内容を変更することがあり、契約者はこれを承諾します。
第20条(サービス内容の無保証)
1. 本サービスの提供するサービス内容は、株式会社エムツーアイがその時点で提供可能なものとします。
2. 株式会社エムツーアイは本サービスで提供するサービスの情報、サーバー内容、電子メール、電子メール内容など、契約者が登録及び利用する文章及びソフトウエア等についての、完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証をも行いません。
3. 株式会社エムツーアイは今後継続して本サービスのサービスを提供する事の保証は一切できません。
4. サービス中から他のウェッブサイトやリソースへのリンクをしたり、第三者が他のウェッブサイトやリソースへのリンクを提供している場合があります。この場合、株式会社エムツーアイは当該サイトやリソースを管理しておりませんので、株式会社エムツーアイ外のサイトやリソースの利用(使用)可能性については責任を有しておりません。また、当該サイトやリソースに包含され、又は当該サイトやリソース上で利用が可能となっているコンテンツ、広告、商品、役務などについては一切責任を負うものではありません。したがって、弊社には、それらのコンテンツ、広告、商品、サービスなどに起因又は関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません)について賠償する責任はありません。
5.サービス中に広告(懸賞広告を含む)、宣伝を行っている広告主との取り引き(懸賞等のプロモーションへの参加を含む)は、利用者と当該広告主の責任において行っていただきます。つまり、商品等の代金の支払い、契約条件の決定、保証、担保責任などは全て利用者と広告主が当事者として責任を負う事になります。弊社はサービス中に掲載されている広告によって行われる取り引きに起因する損害及び広告が掲載された事自体に起因する損害については一切責任を負いません。
第21条(サービスの一時的な中断)
1. 株式会社エムツーアイは以下の何れかが起こった場合には契約者に事前に通知することなく一時的にサービスを中断することがあります。
(1) システムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
(2) 火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
(5) 株式会社エムツーアイの電気通信設備の保守または工事等のためやむを得ない場合
(6) 電気通信事業法第8条の規定に基づき、天災その他の非常事態が発生し、若しくはその恐れがあるため、公共の利益のため緊急を要する通信を優先させる必要がある場合
(7) 第一種電気通信事業者等が、電気通信サービスを中止した場合
(8) 不慮の事故、不可抗力等のやむを得ない自由により、本サービスの運用を中断する場合
(9) その他、運用上あるいは技術上株式会社エムツーアイがサービスの一時的な中断が必要と判断した場合
2. 株式会社エムツーアイは、前項各号の場合以外の事由により株式会社エムツーアイの提供の遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因する契約者又は他の第三者が被った損害について一切の責任をも負わないものとします。

第22条(自己責任の原則)
1. 契約者は自己のアカウントによりなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、全ての責任を負います。
2. 契約者は以下の行為をしないものとします。
(1) 公序良俗に反する全ての行為
(2) 犯罪的行為に結びつく全ての行為
(3) 株式会社エムツーアイ又は他の契約者又は第三者の著作権を侵害する全ての行為
(4) 株式会社エムツーアイ又は他の契約者又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する全ての行為
(5) その他、法律に反する全ての行為
(6) 株式会社エムツーアイ又は他の契約者又は第三者を誹謗中傷する全ての行為
(7) 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する全ての行為
(8) 株式会社エムツーアイ提供する全てのサービスの運営を妨げ、或は株式会社エムツーアイの信頼を毀損するような全ての行為
(9) 第三者にサービスを行う目的でのCGI/SSIの利用を行う全ての行為
(10) 詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある全ての行為
(11) その他の法律、条例または命令等に抵触する全ての行為
(12) アダルト、児童ポルノ又は児童虐待に当たる画像、文書等を送信又は掲載する等全ての行為
(13) 株式会社エムツーアイのインターネット網(当社のインターネットバックボーンをいう。以下同じ)、及びそれに接続されたサーバー設備などに不正にアクセスする行為、しようとする全ての行為
(14) 自己の受け得る本サービスを不特定多数に使用させる全ての行為
(15) 高負荷のCGI/SSIの稼働や、オンラインゲーム、2shotCHATなど別途禁止されている全ての行為
(16) SPAMメールや無差別にメールを送信する行為等、及び、それに類似する行為
(17) その他、株式会社エムツーアイが本サービスの契約者として相応しくないと判断する全ての行為
3. 契約者が本サービスを利用した結果、第三者に対して損害を与えた場合、契約者は自己の責任と費用をもって解決し、株式会社エムツーアイに迷惑を掛け或は損害を与えることのないものとします。
4. 株式会社エムツーアイは本サービスの利用により発生した契約者および第三者の損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
5. 契約者が本条に違反して株式会社エムツーアイに損害を与えた場合、株式会社エムツーアイは当該契約者に対して被った損害の賠償を請求できるものとします。
第23条(変更の届出)
1. 契約者は、住所、電話番号、利用ドメイン、利用メールアドレス、その他、株式会社エムツーアイへの届出内容に変更があった場合には、速やかに株式会社エムツーアイに変更の届出をするものとします。
2. 前項届出がなかったことで契約者が不利益を被ったとしても、株式会社エムツーアイ一切その責任を負いません。
第24条(情報の管理)
1. 契約者は本サービス利用のうえでのみ知り得る情報を第三者に漏洩する事を禁止するものとします。
2. 株式会社エムツーアイは、本サービスの提供に伴い取り扱う通信に関する情報その他の個人情報を、本サービスの円滑な提供を確保するために必要な範囲でのみ使用または保存します。
3. 株式会社エムツーアイは、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者及び、令状を持つ官公庁の職員から、本サービスの提供に伴い取り扱う通信に関する情報その他の個人情報の提供を求められた場合には、これに応じるものとします。
第25条(譲渡禁止)
1. 契約者は認められた場合を除き契約者として有する権利を無断で第三者に譲渡若しくは使用させたり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。
2. 前項の規定にかかわらず、株式会社エムツーアイが認めた場合にはこの限りではありません。

第26条(除名処分等)
1. 契約者が、以下の何れかの項目に該当する場合、株式会社エムツーアイは当該契約者に事前に何等通知又は催告することなく、除名処分とし、又はアカウントの使用を一時停止することができるものとします。
(1) 入会時に虚偽の申告をした場合
(2) 入力されている情報の改竄を行った場合
(3) アカウント又はパスワードを不正に使用した場合
(4) サービスの運営を妨害した場合
(5) サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合
(6) 立替代行業者等により会員の指定した支払口座の利用が停止させられた場合
(7) 会員に対する破産の申立があった場合又は会員が準禁治産宣告若しくは禁治産宣告を受けた場合
(8) 本規約の何れかに違反した場合
(9) 契約者が料金の支払いを遅滞した場合
(10) 株式会社エムツーアイの及び株式会社エムツーアイの利用する電気通信設備に支障を及ぼし、又はその恐れがある等株式会社エムツーアイの業務の遂行に支障が生じると当社が認めた場合
(11) 株式会社エムツーアイの名誉を著しく毀損した場合
(12) その他株式会社エムツーアイが契約者として不適当と判断した場合
2. 前項の場合、契約者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務等株式会社エムツーアイに対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。
3. 契約者が本条第1項各号の何れかに該当することで株式会社エムツーアイが損害を被った場合、株式会社エムツーアイは除名処分又は当該アカウントの一時停止の有無に拘わらず、被った損害の賠償の全てを請求できるものとします。
第27条(解約)
1. 契約者が解約する場合は文書もしくは所定の手続きにて、解約希望当月10日までに株式会社エムツーアイに届け出るものとします。株式会社エムツーアイが了承した場合当月31日をもって解約に応じるものとします。なお、契約期間が残留している場合でも、株式会社エムツーアイは、既に受領した利用料その他の債務の払い戻し等は行いません。
2. 契約者資格は一身専属性のものとします。株式会社エムツーアイは当該会員の死亡を知り得た時点を以って前項届出があったものとして取り扱います。
3. 本条による解約の場合、当該時点において発生している利用料その他の債務の履行は本規約第5章に基づきなされるものとします。
第28条(サービス提供の中止)
1. 株式会社エムツーアイは本規約に規定されている全ての項目のほか、1ヶ月以上前に合理的な方法により契約者に電子メールにより通知することで本サービスの提供を中止することができます。ただし、やむをえない理由がある場合はこの限りではありません。
2. 株式会社エムツーアイはサービスの提供の中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴う契約者又は第三者からの損害賠償の請求を全て免れるものとします。
第7章 雑則
第29条(準拠法)
本規約は、日本の法律に従って作成したものと見なされ、また、日本の法律に従って解釈されるものとします。
第30条(紛争の解決)
1. 本規約に基づく紛争、疑義、あるいは取決められていない事項が発生したときは、株式会社エムツーアイおよび契約者は誠意をもって協議の上これを解決するものとします。
2. 本規約に基づく訴訟については、株式会社エムツーアイ所在地(大分県大分市)を管轄する大分地方裁判所または大分簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
この約款(本規約)は、平成17年05月05日から適用されます。

M2I ASP SERVICE
MANNER & RULE


迷惑メール・SPAMメールの禁止                                  
エムツーアイでは不特定多数へのメール配信は、広告・商用・非商用・ボランティアなど一切関係無く、メールを相手が受信を承諾していないのに迷惑なメールを送るような行為は一切禁止しています。このような行為はSPAMメールとも呼ばれ、インターネットでは禁止行為として考えられています。「未承諾広告」もこれに該当しますのでご注意下さい。
「困っているのでこのメールを知り合いにも出して下さい」といった行為は、チェーンメールと呼ばれ、事実・非事実に関係無く、このような告知でメールを配信する事は禁止しています。
インターネットは全世界の人々が利用する大事な資源です。例え緊急を要する場合でも、このようなチェーンメールは緊急事態が過ぎた場合でも、何年もメールが流通する事があり、仮に電話番号などが載っていた場合などは長期間大変迷惑する事になります。

お客様のメールは世界中の人が受信できるという事を忘れずに、
マナーを守ってご利用ください。

エムツーアイ契約者でこのようなメールの被害にあわれた方は…
エムツーアイ契約者によるものと思われる迷惑メールを受けた方は、受け取ったメールのヘッダ情報と内容を全て添付のうえ、弊社までご相談下さい。迅速且つ厳正に対応させて頂きます。
なお、頂いたメールを元に調査した結果、弊社お客様ではなかった場合や、他社様より発信されたメールであった場合、弊社では対応が出来かねますのでご了承下さい。


違法サイト・著作権侵害の禁止                                    
当然ではございますが、日本の法律・各種条例に違反するようなコンテンツの掲載は一切出来ません。また著作権侵害となるようなサイトの開設も一切出来ません。

  • 第三者にウィルスを送信するような行為
  • サーバーをクラッキングするような行為
  • メール爆弾(メールボム)や一度に多くのメールを送信するような行為
  • 無限連鎖講(ネズミ講)もしくはこれに類似する疑いのある行為
  • 猥褻、児童ポルノ、児童虐待にあたる画像や文書、ヌード画像などの掲載
  • 公職選挙法に違反する行為
  • 売春や暴力、残虐な行為を助長する、もしくは助長する恐れのある行為
  • 第三者の著作権、肖像権、知的財産権などを侵害する行為
  • 第三者を差別、誹謗中傷、名誉を侵害するような行為
  • 日本の違反・各種条例に違反するような行為やこれらを助長するような行為
  • 上記各号に関する行為を助長するような行為(助長する為のリンクも含む)

以上などは特に悪質なサイトとして厳重に対応致します。

その他禁止と確認事項について 

  • アダルトや猟奇ものに関する画像の送付など全般
  • サーバーへ極端な高負荷を与える、与える恐れのある利用、利用方法
  • サーバーへ不具合を発生させる未確認の利用
  • 一度に多くのメールを送信する行為(SPAMの他、メーリングリストやメールマガジンを多数の方へ送信される行為も含む)
  • 弊社サービスを利用して第三者へレンタルする行為など
  • 公序良俗に反する行為およびコンテンツの掲載など全般
  • 法に抵触する又は著しくモラルに反する行為など全般
  • 著作権の侵害、第三者の権利侵害
  • その他、利用上このましくない行為や他の利用者に迷惑をかける行為やコンテンツなど全般
  • 利用規約に違反する行為など全般
  • 日本の各種法令および条例に違反する行為など全般
お客様はマナーを守ってご利用ください。

アダルト・出会い系サイトの利用不可について

  • アダルト関連サイトへのリンクや紹介
  • アダルトバナーの表示
アダルト関連項目も一切禁止となります。
アダルト関係サイト、関連すると思われるご利用は厳密に対応致します。

風俗店舗・アダルトグッズ販売サイトなど、合法的であり、各種許認可を問題なく取れており、且つ、アダルトや猥褻画像やヌード画像(合法・非合法を問わず禁止)を伴わない場合は相談に応じますのでご連絡下さい。

メルコントップページ携帯連絡網システムメルコンとはシステム概要操作説明サポート概要価格・ご購入実例紹介| 
Q&Aプライバシーポリシー法に基づく表記会社概要お問い合わせサイトマップ
copy rights(c)mailcon all rights reserved.
mailto:mailconinfo@m2i.co.jp